コンプライアンスの推進

私たちは、法令遵守はもちろんのこと、私たちの企業活動が、社会の信頼と共感を基礎として成り立ち、公共性の高い事業に携わっているという強い自覚を持ち、誠実かつ公正な事業運営を展開してまいります。 私たちは、法令遵守はもちろんのこと、私たちの企業活動が、社会の信頼と共感を基礎として成り立ち、公共性の高い事業に携わっているという強い自覚を持ち、誠実かつ公正な事業運営を展開してまいります。

コンプライアンスの推進

1. コンプライアンス推進体制

コンプライアンス推進に関する事項を審議する機関として「コンプライアンス委員会」を設置し、年間活動計画の策定や違反事案が発生した場合の再発防止策などを検討しています。

委員会で審議した計画に基づき、各部署で教育・研修等の活動を推進しています。

2. コンプライアンス行動指針

「コンプライアンス行動指針」を制定し、従業員が判断基準とできるよう日常業務での具体的な事例における問題点・留意点や関連法令等をまとめ、社内教育等で活用しています。

3. 教育・研修

新入社員研修におけるコンプライアンス講座や全従業員を対象としたeラーニング、ブレーンストーミング等を実施し、コンプライアンス意識の高揚を図っています。

4. コンプライアンス意識アンケート

コンプライアンスに対する社員の意識等についてアンケートを行い、その結果を分析しています。アンケート結果から抽出された課題は、次年度の計画に反映し、コンプライアンス経営の徹底につなげています。

また、九州電力グループにおいてもコンプライアンスの取組み状況や浸透度合いについて、アンケート調査を行っています。

5. その他の取組み

  • 「行動憲章」と「コンプライアンスチェック(自己診断)」を記載したコンプライアンスカードを従業員へ配布
  • 各部署の業務に関係する法令改正情報が、自動的に配信されるシステム(法令Focus)を導入
  • コンプライアンス相談窓口(社内相談窓口、社外相談窓口)、セクハラ・パワハラ相談窓口を設置し、従業員へ周知