先輩社員の紹介

【技術系】
ネットワーク設備部 野中 俊宏

【技術系】ネットワーク設備部 ネットワーク工事2グループ 野中 俊宏

【出身学校】九州工業大学 情報工学部
【入社年】2009年

担当業務

通信機器の整備や回線の開通(廃止)作業

現在の業務では、実際に通信機器に触れる機会が多いため、絶対にミスを起こさないように常に心がけています。例えば、通信機器を新しいものに入れ替えるために、古い機器の電源を落とすという作業があります。電源を落とすためには通信機器からケーブルを引き抜かなければならないのですが、これらの機器には光ケーブルだけではなく様々な用途のケーブルも接続されていて、他の機器とつながっています。そのため誤ったケーブルを抜いてしまうと通信ができなくなり、お客さまに多大なご迷惑をおかけしてしまうことになります。そうならないためにも『絶対にヒューマンエラーを起こさない』という決意のもと作業を実施しています。一つ一つの基本動作を怠らず、高い危機意識を持って業務に取組むことで“ヒューマンエラー0”を達成できると信じています。

この仕事をしてよかったと思った瞬間

「ありがとう」の言葉をいただいたこと!

現在の業務ではお客さまと直接話す機会はありませんが、入社1年目のときにBBIQケーブルの保守を担当していた頃は、BBIQをご利用のお客さまと会話することが多々ありました。業務の内容としては、例えば電柱間のBBIQケーブルが何かしら支障になっている場合に、委託先の会社へ工事を発注し、ケーブルを支障にならないルートへ変更するといった内容です。自分の対応が行き届かずお客さまからお叱りを受けることもあり、難しい仕事でした。難しかっただけに、お客さまから初めて「ありがとう」という言葉をいただいたときはとても嬉しかったのを覚えています。仕事で誰かの役に立っているという実感が湧いた瞬間でした。一度でもこの言葉をいただくと、「お客さまのために頑張ろう」というはっきりとした意識が芽生えると思います。

会社を選んだ理由

地元である九州を拠点にした通信会社であり、地域の発展に寄与できること!

就職活動を始めた頃は通信業界にはあまり興味を持っていませんでした。ある日、自宅でテレビを見ているとBBIQのCMが流れ、BBIQでつながることで様々な人たちが笑顔になっていくというその内容が自分の中でとても印象に残りました。そこから自分も仕事をすることで、地元である九州の皆さんの役に立ちたいと思うようになりました。通信業界について調べてみると、九州は光インターネット普及率が関東に比べかなり遅れていて、QTnetが九州を拠点に業績を伸ばしている会社であることがわかりました。今後必要不可欠になるであろうインターネットをもっと九州で普及させて、地域の発展を支える存在でありたいと思いQTnetへの入社を決意しました。
九州のお客さまが光輝くように、使命感をもって当初の決意を忘れることなく、日々業務に取り組んでいます。

経歴

アクセス設備部(3年間) → ネットワーク設備部(現職)

アドバイス

とにかく、まずは自分が「何をしたいか」を一生懸命考えて下さい!それを見つけることは簡単ではないですが、これまでの自分を振り返ってみて、「どのような事に喜びを感じるか」や「何をしているときが楽しいか」などを考えてみるとヒントが得られるかもしれません。何をしたいかが決まってしまえば自然と会社も絞られてきますし、面接で志望理由を聞かれても熱く答えることができます。そうすれば面接官にも気持ちが伝わるはずです。

(注)掲載内容は取材当時のものです。