先輩社員の紹介

【技術系】
ケーブル設備部 渡邉 健太

【技術系】ケーブル設備部 ケーブル計画グループ 渡邉 健太

【出身学校】九州工業大学大学院 情報工学府
【入社年】2011年

担当業務

光ファイバケーブルの仕様検討、調達、資材管理

私の所属する線路建設部では、基幹ネットワーク網と、お客さま設備をつなぐ光ファイバケーブルの構築業務を行ってます。私の主な仕事は、その光ファイバケーブルの製造メーカーと仕様検討・調整を行い、工事計画にあわせた資材調達や在庫管理、工事会社への資材手配などを行っています。
九州全域の光ファイバケーブルの調達や資材管理を一手に引き受けているため、取り扱う量が多く責任の大きな業務ですが、お客さまの回線が納期どおりに開通できるよう他部署や工事会社と密に連携し、業務を行っています。

この仕事をしてよかったと思った瞬間

お客さまの回線が無事に開通した時

新入社員のときに、初めて配属されたグループでの話です。
お客さまの通信回線を構築して提供するという工程のなかで、なかには回線の提供が難しい場所への設計作業や、回線工事中に発生するトラブルの対応なども発生します。
新入社員ではありますが、当時私もそのような状況で、提供する回線の設計者として工事方法の判断を行い、現場にいる工事担当会社の方々に指示しなければならない場面に何度も直面しました。その際は、先輩や上長に助けてもらいながら、関係者と調整を行い、無事に開通まで至ることができました。
このような状況を乗り越えたとき、「無事にお客さまへサービスの提供ができて、本当に良かった」とつくづく実感します。また、そのようなときにいただくお客さまからの「ありがとう」という言葉は、格別にうれしいです。

会社を選んだ理由

生まれ育った九州で、ネットワークの仕事に携わりたい!!

大学時代に学校内や研究室内のネットワークの保守・管理に関するアルバイトを行った経験から、将来はネットワークの構築や、保守・運用といった仕事ができる企業で働きたいと考えていました。就職活動中、関東と福岡を行き来するなかで、やはり「生まれ育った九州の人々に関わる仕事がしたい」という気持ちが強くなり、「九州で、ネットワークに携わる仕事ができる!!」という、2つの要望が同時に叶えられるQTnetへの就職を希望しました。最先端の技術力があり、安定した通信サービスを24時間提供し続けるという大きな使命をもった会社であるということが、自分にとって非常に魅力的であったため、入社を決めました。

経歴

アクセス設備部(3年)→線路建設部(2年)→ケーブル設備部(現職)

アドバイス

メモをとること

「メモが大事!」とは、一般的にもよく言われますが、些細なことでも気づいた事をすべてメモする癖をつけることによって、「自分が何をやりたいのか」という問いに対する答えの参考になると思います。
特に、「自分」が思ったことや感じたことは、忘れないうちに文字に残しておくと、後々に必ず役に立つ時がくるものです。
就職活動は大変だと思いますが、「自分のやりたいこと」をしっかり決めて頑張ってください。

(注)掲載内容は取材当時のものです。