qtnet

QTDA

デジタルメディア広告

検索広告

検索エンジンに入力したキーワード に連動したテキスト状の広告。

取扱媒体:Google、Yahoo!など

ユーザーが検索したキーワードにクリックを促進させる広告文を表示させ、クリック率を高める広告です。トレンド性の高いキーワードの選定や思わずクリックしたくなる広告文を設定し集客を促進します。

QTDAのポイント

広告を表示するキーワードやターゲット設定が結果を大きく左右します。QTDAなら広告のインハウス化で培ったノウハウを生かし、商品に応じて最適なキーワード選定、顧客層を分析、ターゲットに応じた広告文のご提案を行います。

静止画やアニメーション等の画像で掲載される広告。様々な形状のものがある。

取扱媒体:Google、Yahoo!など

Webメディアにバナーを掲載し、ユーザーを指定のHPへ誘導する広告です。Webメディアのユーザー層がターゲット層と近ければ、視覚的な広告による認知拡大が期待できます。検索した人に広告を表示するリスティング広告に比べて、多くの見込み客に対して、広告を届けることができます。

QTDAのポイント

バナー制作やターゲット設定も、QTDAがワンストップで提供するため、ターゲットに最適なデザインでのバナー配信が可能です。インハウスで培ったノウハウを生かし、正確なターゲティングで広告を表示します。

動画広告

TVCMのような動画広告をWebサイト上でも表現する広告手法。

取扱媒体:YouTubeなど

文章と比較して伝えられる情報量が圧倒的に多くなるため、商材のメリットをしっかり伝え深い認知を広げることのできる広告です。
動画再生途中に広告配信ができるため、視聴者の目に留まりやすいものになります。

QTDAのポイント

新規に動画制作を行う場合でも、制作経験の豊富な子会社の「QTmedia」と連携してサービスをご提供します。既存の動画を運用する際は、顧客層を分析し、見込み客となる視聴者に広告をお届けします。

ネイティブ広告

サイトの記事、コンテンツと同化したような広告。読みやすさがある分誤認を防ぐための「広告」を表記。

取扱媒体:Facebookなど

メディアやサービスのコンテンツの中で、コンテンツ形式で広告を表示することで、ユーザーに広告を見てもらいやすくする広告です。その他のコンテンツと同様に読み物として掲載するため、ユーザーと深い接点を持てることが特徴です 。

QTDAのポイント

メディア運用、制作がワンストップで提供できるため、コンテンツの最適化を最短で実施できます。QTDAでは、媒体ごとの特徴を理解し、掲載コンテンツとターゲットを明確にした上で、目的に応じて掲載媒体を選択し、最適な広告文のご提案を行います。

運用の流れ

PLAN

1.ヒアリング

お客さまの商品/サービス、ターゲット、目標数値を詳しくヒアリングさせていただきます。

2.運用計画書の確認・調整・了承

ヒアリングに基づき、運用計画書を策定し、お客さまにご確認いただきます。予算や内容を再度、調整させていただき、納得いただけるプランを作り上げ、お客さまに了承いただきます。

DO

3.制作

ヒアリングしご要望や運用プランに合わせて当社でバナーやランディグページの制作を行います。運用計画立案からデザイン制作、実際の運用までワンストップで実施できるところが当社の強みです。

4.運用開始

お客さまと事前に調整いただいた運用開始日にWEB広告運用を開始します。ご不明な点やご質問はお気軽に担当営業にお問合せください。

Check & Action

5.毎月運用レポートの報告

毎月「運用レポート」(改善計画付)を詳細にご説明し、次月の運用を決定していきます。

QTDAページに戻る