採用に関するお問合せ先

qtnet-saiyo@qtnet.co.jp

CROSSTALK04

若手社員座談会

入社2年目を迎えた若手社員4名が、同期だからこそ言える本音でトーク。
それぞれの仕事内容を理解して共に働くことの重要性、そして今後の目標について語り合いました。

MEMBER

あたたかい九州の人々のために
情報通信サービスを通して貢献したい

古賀

私は営業職を希望しており、九州に限らず全国を視野に入れて就職活動を行っていましたが、心のどこかに地元で働きたい気持ちもありました。QTnetは福岡に本社があり、転勤となった場合も九州内で勤務できる点に惹かれていました。実は、他社と悩んでいたのですが、最終的にQTnetを選んだ最大の理由は、面接時に感じた会社の雰囲気や印象がとても良かったからです。実際に働いている方と接することができる面接の場は、会社のリアルな状況を知れる機会ですので、自分の直感を信じて、QTnetへの入社を決めました。

岩本

私は福岡県出身で、関西の大学に通っていたため、関西や関東を中心とする全国規模の企業を志望し就職活動を行っていました。古賀さんと同じように、私も営業を希望していたので勤務地は限定していませんでしたが、やはり心のどこかで「地元九州に貢献したい」という思いがあり…。QTnetの面接を受けた際、人々のぬくもりを感じ、人情味溢れる九州で働こうと気持ちが固まりました。また、情報通信サービスを通じて大好きな九州に貢献したいと思いました。私は新しいことにチャレンジしたい性格ですので、常に時代の最先端を行くICTに携わることは私の性に合っています。

梶原

私は生まれも育ちも福岡です。この街が大好きで絶対に地元で就職したいと思い、QTnetを第1志望にしていました。入社が決まった時はとてもうれしかったですね。また、大学院で研究していた通信関連の知識を生かせる会社で働きたかったので、念願が叶った就職活動でした。

石飛

私は3人と違い島根県出身なのですが、大学進学で福岡に住んで以来、この街が好きになり、次第に福岡で就職したいと思うようになりました。梶原さんと同じく、私もQTnetが第1志望でしたので、入社が決まった時は安心しました。

営業部門も技術部門も目指す最終目標は
お客さまへより良いサービスを届けること

岩本

私は現在、金融機関を対象としたの法人営業を担当しています。ネットワーク回線に加えて、テレビ会議システムなどの付加価値と組み合わせて、法人のお客さまが抱える課題の解決に向けたサービスを提案することが主な業務です。例えば、テレビ会議システムを導入することによる、旅費などのコスト削減や移動時間の有効活用、そして迅速な意思決定などのメリットをお伝えしています。また、当社のサービスを現在ご利用いただいていない新規のお客さまに対して提案することがあります。提案内容を評価してくださったり、信頼していただいたと感じたりしたときに、営業のやりがいをさらに感じます。

古賀

私も岩本さんと同じ営業部門に所属していますが、業務内容はまったく異なります。私はBBIQの販売をお願いしているパートナー会社の方々と一緒に、主に家電量販店でBBIQの販売を行っています。私は、パートナー会社の方々をサポートする役割を担っており、毎月の目標達成を目指しています。精一杯営業活動を行っても達成できない場合もあり、その度に悔しい思いをしていますが、どうやったら達成できるか、反省を次に生かすためにはどうしたら良いか、試行錯誤しながら業務に取り組んでいます。

石飛

私は主に九州各地にある通信局舎での設備工事を担当しています。私の部署では夜間の作業も発生するため、入社当時は、15時に出社して24時まで勤務する夜勤に慣れず苦労しました。ただ、そんな夜間作業を行う中、作業が問題なく完了して正常に通信が行われていることを確認できた時は、達成感を得ることができます。夜中であることを忘れるほどやりがいを感じますし、この仕事をやっていて良かったと思える瞬間です。

梶原

私は、技術部門としてネットワークの運用と保守業務に従事しています。お客さまに安定したサービスを提供するために必要な通信設備を遠隔で監視・操作することが主な業務です。入社当時は先輩から渡された作業手順書を見ながら業務を行うことがやっとで、ひとつひとつの業務の意味をよく理解できていませんでした。しかし、2年目を迎えた頃からようやく全体を把握できるようになりました。自分が1人で担当した業務が無事に完了した時、初めて仕事のやりがいを感じることができました。

石飛

そうそう、技術部門は営業部門のように数字目標があるわけではなく、私の場合、作業中にトラブルを起こさず無事に工事を完了することが最大のミッションですので、梶原さんの気持ちにとても共感できます。

古賀

なるほど。営業部門は数字目標の達成やお客さまの要望に応えることがミッションと認識していたので、改めて話を聞くと営業部門と技術部門にははっきりとした違いがありますね。

岩本

営業部門も技術部門も最終目的は、お客さまのためにより良いサービスをお届けすることですので、広い視野で見ると、私たち4人は同じ目標に向かって業務に取り組んでいる仲間なんだと気づきました。

若手社員にもチャレンジの場が設けられ
成長を全面的に支えてくれる社風

梶原

私は学生時代から人付き合いが得意ではありませんでした。大学院でも研究室で、黙々とパソコンと向き合うことが多く、学外の人との関りはほとんどありませんでした。学生時代はそれでなんとかなりましたが、社会人になると色々な方との関わりが生じるため、入社当時は戸惑うこともありました。個人が行う作業であってもミスが起こらないよう複数人でチェックをするため、社員同士の連携が大切ですね。また、同僚や先輩、上司、どんな相手に対しても自分の考えや思いをきちんと伝えることも重要だと気づきました。

古賀

その通りですね。私は業務をお願いしているパートナー会社の方々への接し方の難しさを感じています。パートナー会社の方々にはもちろん目上の方やBBIQの販売歴が長い方もいらっしゃいます。業務をお願いする際は、的確さだけでなく、相手に失礼のない言葉遣いや伝え方を意識する必要があるため、実践しながらビジネスマナーを身に付けている最中です。

岩本

当社は、社員の新しいチャレンジを積極的に応援してくれる点がとても魅力的です。少しでもスキルアップできるように、私は会社の制度を利用して、社外研修受講のため、東京まで行くこともあります。

梶原

そうですね、私も岩本さんと同じく、社外の研修や技術系の研究発表会に参加しています。社内だけでなく、社外で学ぶ機会もいただいているため、学んだことを業務に活かし、会社に少しでも還元できるように頑張りたいですね。会社や部署のサポートがしっかり整っているからこそ、私たちのような若手社員にもチャレンジする機会が与えられているのだと思います。

石飛

私はこの4人の中で唯一、異動を経験しました。部署内での異動でしたが、去年、BBIQのサービス設備の構築を担当するグループからVLANサービス設備を構築するグループに移りました。入社2年目での異動であったため最初は驚きましたが、今となれば早い段階で異なるグループでの業務を経験することができたのは自分にとってプラスになったと思っています。当社の異動ローテーション制度は社員の可能性を広げ、仕事のやりがいや楽しさをもたらすものだと捉えています。

オンとオフを上手に使い分けて
業務の効率化に繋げる

古賀

熊本支店の上司は若手の私に対して「まずは自分で考えてやってみていいよ」と言葉をかけてくださるため、とても感謝しています。裁量に任せてもらえる反面、責任も伴うので大変なこともありますが、周りの先輩社員にアドバイスをいただきながら、個人の意見も尊重してもらえるのはうれしいことです。私も皆さんの期待に応えるべくさまざまな営業方法を考えて実行しています。

梶原

職場環境って大事ですよね。私は部署内に憧れている先輩がいらっしゃって、その方の仕事内容を間近で勉強できる今の環境にとても満足しています。また、当社は全体的に有給休暇やフレックスタイム制度などを利用してプライベートの時間をしっかり確保する方が多いのも良いところだと思います。オフの楽しみがあるから仕事を頑張れるため、私もしっかり休暇を取ってリフレッシュしています。みなさんも休みを取っていますか?

岩本

私もしっかり休みを取り、オンとオフを切り替えています。私の部署の先輩からしっかりと休息を取ることで、仕事とプライベートを充実させることができると教えられているため、世間一般に言う「休みづらい会社」だと感じることはまずありませんね。

古賀

福利厚生がきちんと整っているのも当社の魅力のひとつですね。私は普段、熊本に住んでいますが、週末は福岡で過ごすことも多いです。そんな時は、時間単位休暇や、フレックスタイム制度を使って、休み明けの月曜日は遅めに出勤することもあります。週末や休暇をとってリフレッシュすると仕事の効率アップにも繫がるため、良い制度だと実感しています。

石飛

そうですね。QTnetの社員はオンとオフの使い分けが上手な印象があります。また、ゴルフ好きな方が多く、部署内にもゴルフをする先輩がいるので、私も先日ゴルフデビューしました。私は人付き合いがあまり得意ではなく、自分からはなかなかお誘いできないので、先輩から声をかけてもらえた時はうれしかったですね。休日に先輩や上司と一緒にゴルフを楽しみ、普段はあまり話すことのない方とも会話が弾み、以前と比べると社内でのやり取りが円滑になりました。

岩本

今日ここに集まった4人以外にも同期が多数在籍しているため、私が幹事になって何度か同期会を開催しました。何気ない会話の中でお互いの仕事の話や情報交換をして励まし合い、同期ならではの関わりや連携が深まったと思います。同期のメンバーは職種に関係なく、いつでも気兼ねなく付き合える大切な仲間ですので、今後も大切にしたいですね。

次のステップへ繫がる努力を続け
自己成長を目指す

古賀

これからの目標ですが、まずは現在所属している熊本支店の業務をまっとうしたいです。熊本支店は人数が少ないため、1人で担当する業務の幅が広く、色々なことにチャレンジできるチャンスだと思っています。ここでたくさんのことを経験し、知識を吸収して、自分自身の成長に繋げたいと思います。また、読書や映画鑑賞などの趣味を通して感性を磨き、自分の考えをしっかりと持っている営業社員を目指します。

梶原

私は尊敬する先輩のように、誰からも頼られるネットワークに関するスペシャリストになりたいです。どんなネットワーク障害にも対応できる技術力を身に付け、いつかは後輩から憧れられるような存在になれるように努めていきたいです。

岩本

私は法人営業をもっと深めていきたいです。今はお客さまからお困りごとの相談があり、それに対して課題解決提案を行っていますが、今後は自らお客さまの問題点やお困りごとを予測し、お客さま自身がまだ気づいていないような課題まで先回りして見つけ出し、解決に繫がる提案ができるようになりたいです。

石飛

今後の目標は、来年を目処に電源装置などを扱う付帯設備に関する業務に携わり、経験を積みたいです。これまで経験してきたBBIQネットワーク設備の構築、VLANネットワーク設備構築に加え、付帯設備に関する専門分野を経験すると当社の主要サービスに関連する設備に一通り関わることができるからです。すべての設備を経験したうえで、今後自分が深く携わっていきたい専門分野を見つけたいと思います。

関連ページ

その他のクロストークを見る

ENTRY エントリーはこちら